ドラッグストアの薬剤師求人にはどのような魅力があるのか

薬剤師1

ドラッグストアの薬剤師求人は、地域や店舗の方針によって違いがありますが、病棟などの医療現場と比べて、残業が少なく毎週日曜日に休めるものが目立ちます。また、パートで働く場合でも一般の店員や登録販売者の二倍以上の時給が設定されることがあり、資格やキャリアを生かして安定収入を得ることも可能です。

一方で、管理薬剤師などの専門職を目指している人は、仕事上でのスキルアップの機会が限られるため注意が必要です。

⇒京都市で仕事探しをしたい薬剤師が知っておきたい求人事情

残業や夜勤を任されるケースが少ないため家庭生活との両立を図りやすい

ドラッグストアで働く薬剤師は、店舗の人員配置や営業時間にもよりますが、病院や老人ホームなどの現場と比較すると、残業や夜勤を任されるケースが少なく家庭生活との両立を図りやすいといったメリットがあります。特に、全国にチェーン展開をしているドラッグストアは、個々の薬剤師に働きやすい環境を提供するために、日曜日を定休日にしたり、勤務日や勤務時間などの希望に柔軟に対応したりしているところも目立ちます。

そうした状況の中、働きやすさにこだわってドラッグストアの薬剤師求人を探したい場合には、経営が安定しているドラッグストアの求人が多く掲載されている医療系の転職サイトを活用することがおすすめです。サイトによっては、各地のドラッグストアにおける薬剤師の毎月の平均残業時間や、夜勤や宿直など不規則な時間帯の勤務の有無について詳しく紹介しているところもあります。

また、ドラッグストアの待遇が良い正社員の求人には多くの求職者からの応募が集まることもあるため、希望条件に合った求人を見つけた際には、余裕を持って面接の対策を立てることがポイントです。

働きながら調剤業務のノウハウを習得することができる

店内に調剤薬局を併設しているドラッグストアは全国に多くあり、若手からベテランまで薬剤師の活躍の場が広がってきています。たとえば、新店舗の開店を急ピッチで進めているドラッグストアのチェーン店の中には、若手の薬剤師が無理なく仕事に取り組めるよう、日々の業務の合間を縫って調剤業務に関する研修を実施しているところも少なくありません。

また、人員に余裕があるドラッグストアにおいては、先輩の薬剤師から仕事上の様々な場面でサポートを受けることができ、働きながら薬学に関するノウハウを習得することも可能です。若手の薬剤師の教育制度がきちんと整っているドラッグストアについては、求職者向けの様々なメディアで紹介されることがあるため、就職活動中に必要な情報を集めてみるのも良いでしょう。

一般的に、体力面でハードな業務を担当する機会が少ないドラッグストアの薬剤師求人については、新卒者や転職希望者はもちろんのこと、出産や育児のために一定期間のブランクがある人の間でも人気が出る傾向があります。

そこで、自分の境遇に合う職場を見つけるうえで、早い時期から身近なところにあるドラッグストアの薬剤師の職場環境や働きぶりについてリサーチをしておくことがおすすめです。

パート勤務をする場合でも高収入を期待することができる

ドラッグストアのパートの薬剤師の時給は、地域や経験年数、業務内容などによりますが、二千円以上に設定されている店舗が多くあります。特に、薬剤師の人手不足が深刻な都市部にある店舗では、優秀な人材を確保するために、時給の他に様々な名目で手当を支給したり、正社員と同じように年に数回のボーナスを用意したりしているところも少なくありません。

パートの薬剤師として安定収入を得たい人は、数あるドラッグストアの中でも様々なバックグラウンドを持つ人を歓迎している職場を探すことがおすすめです。また、育児や親の介護、配偶者の仕事の都合などの理由で1週間のうちに働ける日数が限られてしまう人は、パートのスタッフがメインに活躍しているドラッグストアの求人をチェックすることが大事です。

なお、パートの薬剤師に求められるスキルや経験については、それぞれのドラッグストアで扱われている医薬品の種類や、患者のニーズなどによって大きく左右されます。

そこで、働き始めてから仕事で悩まないためにも、求人に応募をする前に担当者に質問をしたり、採用面接の際に詳しい業務内容について説明を聞いたりすることが重要です。

転勤の機会が少ないため馴染みの職場で長く働きたい人におすすめ

ドラッグストアの薬剤師は、大手の医療機関や社会福祉法人で働く人と比べて転勤の機会が少ない傾向があり、馴染みの職場で長く働きたい人にとって魅力のある職場として位置づけられることがあります。また、同じ職場で正社員の薬剤師としてキャリアを積むことで、店長や現場のリーダーなどの責任のある仕事を任されたり、大幅に収入がアップしたりと様々なメリットがあります。

そうした中、一箇所のドラッグストアでキャリア形成をしたい人は、将来に繋がる業務を中心に担当できるところや、薬剤師だけでなく様々な職種とのコミュニケーションを取りやすいところを勤務先に選ぶことがおすすめです。

薬剤師の職場環境が整っているドラッグストアにおいては、新人のスタッフへのフォローアップを強化したり、外部の研修や勉強会への参加を認めたりと様々な取り組みが行われています。その他、大手チェーンのドラッグストアにおいては、正社員の薬剤師を対象に数年おきに近隣のエリアにある系列店への人事異動が行われることもあるため注意を払うことが大切です。

専門性の高い資格取得を目指す人にとってはハンデもあるので要注意

管理薬剤師など病棟や在宅医療といった様々な現場で役立つ資格取得を目標とする薬剤師にとって、一般のドラッグストアで働く場合には、将来に繋がるキャリアを積むのが難しいという問題があります。また、調剤業務をはじめとしたルーティンワークが中心となるため、仕事に慣れていくうちにマンネリになってしまい、日々の業務のモチベーションを維持できなくなる人も少なくありません。

こうした問題に対処をするには、求人選びの際に各地のドラッグストアの中でも、全ての薬剤師を対象とした専門性の高い研修を導入しているところや、他の店員や登録販売者と仕事内容や役割がハッキリと分かれているところを職場に選ぶことがおすすめです。

薬剤師がドラッグストアの求人選びをする時に気を付けたいこと

薬剤師がドラッグストアの求人選びをする時には、雇用形態や給料、残業の有無などを確認して、長く勤められそうな職場を見極めることが肝心です。また、薬剤師の業務経験が少ない人は、調剤業務に関する充実した研修を受けられるところや、先輩の薬剤師に適切なフォローを受けられるところを勤務先の候補に入れることが大切です。

参考>>薬剤師の求人・転職募集ならアポプラス薬剤師 | パート・派遣応募