茨城で選べる薬剤師求人の種類と特徴を理解しよう

薬剤師6

茨城で働きたいと考えている薬剤師が求人を探すときには種類別に特徴を理解することから始めるのが大切です。

求人の数が多いのできちんと分類して、自分が希望する働き方ができるものをスムーズに絞り込めるようにする必要があるからです。この記事では茨城で募集されている一般的な求人の種類と特徴を詳しく紹介していきます。

⇒京都市で仕事探しをしたい薬剤師が知っておきたい求人事情

最も多くて典型的な調剤薬局

調剤薬局の求人は茨城でも最も多いもので、どの地域でも近隣にある店舗からの募集を見つけられるでしょう。

医薬分業が進められて院外処方箋が主流になってからは調剤薬局の数が急速に伸びてきていて、薬剤師の供給が追い付かない状況が続いています。地域によって不足具合にも差はありますが、ほぼ全域で充足はしていない状況があり、求人は常にたくさん出されています。

医療法人の運営している薬局も多い一方、民間企業の展開しているチェーンや個人薬局も少なくありません。選択肢が豊富なので希望の職場を探しやすいと考えることができます。調剤薬局は薬剤師が職能を活かして働ける職場なのが最大の特徴です。

調剤業務を行えるのは薬剤師だけなので、調剤業務がメインになる調剤薬局では本領を発揮している実感を得られるでしょう。処方箋枚数が多い薬局なら特にやりがいが大きくなりますが、忙しいという問題もあるので適度な処方箋枚数と薬剤師の人数のバランスが取れているところの方が働きやすいと考えられます。

求人には処方箋枚数が記載されていることが多いので、忙しさの実態を想像する上で参考にしてみましょう。ただ、門前薬局か街中の薬局かによっても忙しさには違いがあります。特に門前薬局は昼前後にピークがやってくることが多く、夕方に向けて忙しさが緩和されます。

それに対して街中の調剤薬局では比較的一日中安定した形で患者がやってくるので目立ったピークがないことがほとんどです。このような実態についても個々に調べて応募する求人を厳選するのが大切です。

臨床現場で働ける病院

病院からの求人は地域によってかなりの差がありますが、茨城では全域的に募集が見かけられます。医療にしっかりと貢献していきたいという薬剤師にとって病院で働くのは魅力が大きいでしょう。入院患者のための調剤や病棟での服薬指導を行うことに加え、外来患者への調剤とカウンターでの服薬指導も行うことになる現場がほとんどです。

さらに注射調剤や点滴調剤もあり、現場によっては抗がん剤などのリスクが大きい注射調剤を日常的に行うこともあります。これ以外にも医薬品管理や医薬品情報の業務も担うのが一般的で、医薬品にかかわるプロフェッショナルとしての立場を臨床現場で確保できるのが魅力です。

病院の求人を選ぶときにはどんな病院なのかをよく調べることが大切です。総合病院か専門病院か、急性期病院か療養型病院かによる違いはかなり大きくなっています。総合病院では扱う医薬品の種類が多く、患者も複数の診療科にかかっていることがしばしばあります。

処方監査の難易度が高いので慣れるまでは大変になりがちです。それに対して専門病院の場合には処方される薬の種類が限られているので比較的負担は小さくなります。一方、急性期病院では入院患者の術前術後管理に使用する医薬品の調剤が中心になり、急変があったために急に調剤を求められることもあるので緊迫した雰囲気があります。

それに対して療養型病院では容態が安定している入院患者や通院患者への調剤が基本になるので落ち着いた雰囲気の中で働ける傾向があります。どのタイプの病院からも求人はあるので自分に合う条件を考えて候補を絞り込みましょう。

販売職としても活躍できるドラッグストア

ドラッグストアも調剤併設型のところが増えている影響で薬剤師の募集が増えてきています。医薬品の販売と管理を任されることに加え、調剤業務と服薬指導を行うのが通例です。調剤に対応していても利用者があまり多くないことから、メインは販売職としての仕事になる場合が多くなっています。

ドラッグストアの経営には薬剤師の常駐が必要になるので、店長や副店長になれることも多く、キャリアアップを目指したい人に向いています。医薬品以外の販売にどのくらい携わることになるかがドラッグストアごとに異なっているので注意しましょう。

分業がどのくらい進められているかは求人情報を読んでみることでわかる場合がほとんどです。

⇒ドラッグストアの薬剤師求人にはどのような魅力があるのか

物流に関われる企業

薬剤師10

茨城では企業からの求人も多く、薬剤師の資格が必要とされている業務を担当できるケースも多々あります。管理薬剤師としての業務は重要なもので、物流に関わっていくことが可能です。卸業者における在庫管理、物流業者における流通管理が主な候補で、茨城では大きな倉庫を持っている企業がいくつもあるので比較的募集が多くなっています。

ただ、企業では何人もの薬剤師を抱える必要がない場合が多く、欠員が出たら募集するという形になっているのが通例です。企業では調剤に苦手意識がある人でも資格を活かして働けるという魅力があり、安定した雇用も保証されているので勤続年数が長い傾向があります。

人気も高い仕事なので求人を見つけたら競争になることを覚悟しておきましょう。

医療にかかわる他の企業

企業での仕事は管理薬剤師だけではありません。茨城では薬剤師の資格やキャリアがある人を募集している求人が他にもいくつか見かけられます。製薬企業からのMRの募集が典型的なもので、開発した医薬品を病院やクリニックなどに説明して契約を取るのを目指す仕事になります。

医薬品に関する知識が求められるため、プロフェッショナルとして活躍したいという人に向いている仕事の一つです。また、メディカルライターのように医療全般の知識を持っている人の募集でも薬剤師が候補に挙げられることが増えています。

マスメディア系の求人にも目を向けてみると、薬剤師としての能力を活かせる仕事が見つかる可能性もあるのです。

茨城では求人の幅が広くて選べる

茨城では薬剤師の求人はほとんどの種類が揃っていて、それぞれが異なるメリットとデメリットを持っています。どんな働き方をしたいかを明確にして、個々の特徴と照らし合わせて候補を絞り込んでいきましょう。調剤をすることにとらわれずに薬剤師としての力を発揮できる職場を探すようにするとより良い仕事を見つけられる可能性も高まります。